2015年 9月21~23日の大型連休にわたり、洗足学園音楽大学溝の口キャンパスで、開講前の『声優アニメソングコース』プレイベント“秋の陣”を執り行いました。

 ・全国高校生 演技王選手権

 ・声優魂への道 Final Round

 ・吹奏楽 アニメ&スクリーン ミュージックファンタジー

 ・Senzoku アニソンスピリッツ

 ・高校生 アニソン のど自慢
 ・声優アニメソングコース 講師陣トークショー

 ・専用レコーディングスタジオ 声優体験コーナー


などなど、盛りだくさんの内容でお届けし、老若男女問わず多くのお客様にお越しいただきました。 特に目玉となった前田ホールでのコンサートでは、本学が誇る“アンサンブル・ヌーボー”特別編成チームと、『響け!ユーフォニアム』で実際の演奏を行った“フレッシュマンウインド”特別チーム、講師のMIQ先生、たいらいさお先生、速水けんたろう先生のご出演に加えて、スペシャルゲストのTRUEさん(『響け!ユーフォニアム』歌手)にも御出演頂きました。事前に行われていた、ASコースのオーディション参加者高校生達も負けず素晴らしいステージパフォーマンスを披露して下さいました。


今回、運営の私たちも驚かされたのが、新校舎棟のお披露目で並行開催した、専用レコーディングスタジオの『声優体験コーナー』の盛況でした。
開始予定の11:00には既に列を作って並んで下さる方の姿もあり、多い方では10回近くの並びなおしでアテレコ体験を行ってくださいました。小さなお子様や、おじいちゃま方、また海外からの参加者様も多く、スペイン、フランス、ロシア、台湾などからの有能な1日声優さんがチャレンジして下さいました。

(※全員、我々のヘルプもなく日本語の台本を流暢に読み上げてして下さいました。)


シルバーマウンテンB1ホールでは、金野先生、亀井先生、速水先生、江原先生、安士ASコース助手の面々による、トークショーも開催されました。
 

先生方が声優や役者のお仕事をするに至ったキッカケや、好きなアニメ作品、お仕事の思い出なども語られました。



さて、フライヤー等にもたびたび登場していますが、このたびASコースを立ち上げるにあたり、かわいらしい五人のキャラクター達が誕生しました。
 

オトナの理由などで版権の画像が使えない場合に活躍してもらう、オリジナルコンテンツのキャラクター“ASコース第0期生”達。トークショーではキャラクター解説を交えつつ、「先生方が声を当ててみたらどうなるか」等のやり取りが行われました。

 

声優体験コーナーでも同じキャラクター達の台本を使用した事から、既にイメージをつかんでいる参加者さんはトークに飛び入りで参加してアテを披露して下さったようです。

 

今後もこうしたオリジナルコンテンツを、色々な分野のクリエイターさん達と創って行きたいですね。


 

23日には、フレッシュな現役高校生達による、『アニソン のど自慢』のファイナルラウンドも開催されました。

 

可愛らしい方から大御所感たっぷりの方まで、イマドキの高校生さん達のキャパシティの広さを垣間見るオーディションライブでした。

 

既に個人でもライブやネット配信などを経験している方から、本当に「人前で歌うのが初めて」という方まで入り混じり、個々の確立された魅力に甲乙付けがたいステージの連続でした。


今回受賞された方、悔しい想いをされた方、それぞれの想いがある事かと思います。月並みな言葉ではありますが、この結果に満足する事なく私たちと一緒に益々羽ばたいていかれる事を、洗足学園音楽大学関係者一同、心より願っております。

まずは参加者の皆様、大変お疲れ様でした!!


(※参加者のお顔写真は掲載させて頂いておりますが、お名前などは個人情報のため伏せさせて頂きます。あらかじめご了承ください。)

※ 出演者の御関係者様以外による、写真の無断転載はご遠慮願います。
その他メディア関係の方は、本サイト問い合わせフォームよりご連絡願います。
Copyright (C) 2015 Senzoku-AS All Rights Reserved.


最後はお待ちかね、ASコースの先生方によるアニソンコンサートです。 この日の為に、遠方より駆けつけて下さった長年のファンの方もおられました。

アニソンという日本が成長させてきた独自の音楽文化は、ヨーロッパのオペラやアメリカのミュージカルの格調ともまた異なり、それでいて民族音楽が持つ独特の一体感にも負けないスピリッツを感じさせられます。
アニソンならではの掛け声、手拍子、前口上などなど観客を巻き込んでの盛り上がり感は、ときに伝統芸能の域です。 若い皆さんも、大先輩方のような息の長いアーティストとして活躍できるといいですね! お三方の某“3兄弟”は、衣装の色も併せてお見事でした。(笑)



音楽大学というプラットフォームにおいてのサブカルチャーの位置づけや、聴衆層が未就学児童から高齢層の皆様にまで至る中でのコンサートとなりました。聴衆同士、互いに全く異なる価値観を持たれる目線からは、衝撃を受ける事も多いようでした。私たちはその鎹(かすがい)となり、こうしたイベントを今後も造り続けたいと思います。何卒ご愛顧、応援のほどよろしくお願いいたします。

 

洗足学園音楽大学 声優アニメソングコース

 


【イベントフライヤー (※イベントは終了しております。)】



※イベントへの御参加、取材などのお問い合わせ、その他ご不明点などは、本サイトのメールフォームよりお願いいたします。